お子様から寄せられたお問い合わせ

環境・公害問題について

Q1 公害の少ないバスやトラックを造るために工夫していることを教えてください。
A
バスやトラックはディーゼルエンジンなので、ガソリンより環墳に悪いCO2の排出が少ないですが、さらに減らすために、まず燃焼効率をアップさせ、CO2排出を減らす努力をしています。また、このような研究とともに、ガソリンや軽油(ディーゼル)以外の燃料を使う開発も行っています。電気自動車やメタノール車・天然ガス車などがこれにあたります。いすゞでは『いすゞ地球環境憲章(けんしょう)』を制定し、地球を守るために何をすべきか、その方針を明らかにしています。

Q2 排気ガスとは何ですか?
A
車が出すCO2(二酸化炭素)、NOx(窒素酸化物)、パティキュレート(ちり、けむり)などです。

Q3 どうして排気ガスが出るのですか?
A
車はエンジンの燃料を{吸収→圧縮→爆発→排気}と繰り返して「走る・曲がる・止まる」といった動作をするためで、エンジンが動いていれば、排気ガスが出てしまいます。

Q4 低公害車には、どのようなものがありますか?
A
電気自動車、メタノール車、CNG(圧縮天然ガス)車、ディーゼル電気ハイブリット車です。