輸創企業

過去にご紹介した事例

マルヨ産業運送株式会社
マルヨ産業運送株式会社 (輸送リーダー:2015年1月号)
岩手県下閉伊郡山田町で運送事業を営む同社。冷凍車をいち早く導入し、食品輸送に特化して事業を拡大してきた。一時、東日本大震災によって事業を中断するも現在は山田町に本社を再建し、町の復興、三陸ブランドの復活に邁進する。

株式会社出版産業
株式会社出版産業 (輸送リーダー:2015年1月号)
出版物流のノウハウを存分に活かし、多角的な物流サービスを提供する同社。また、新しい世代が牽引する独自の取り組みで次々と労働環境を改善していき、業界を取り巻く人材不足とも無縁な企業だ。

丸榮運輸株式会社
丸榮運輸株式会社 (輸送リーダー:2014年11月号)
高知県を拠点に高品質な物流サービスを提供する同社。確かな品質に裏づけされた高度な物流システムを構築する中で、お客様の多様な物流ニーズに対応。リスク管理にも積極的に取り組んでいる。

株式会社シズナイロゴス
株式会社シズナイロゴス (輸送リーダー:2014年11月号)
市場における商流の変化へ迅速に対応するため、路線事業から総合物流へと事業転換を成し遂げた同社。独自のノウハウと高度な物流システムを活用し、お客様に高品質な物流サービスを提供している。

姫路合同貨物自動車株式会社
姫路合同貨物自動車株式会社 (輸送リーダー:2014年9月号)
戦後、路線事業から再出発し、付加価値の高い物流サービスへの取り組みや様々な事業展開で県内屈指の総合物流企業となった同社。70年余りに渡る歴史の根幹には「安全」に対する真摯な取り組みがあった。

髙野商運グループ
髙野商運グループ (輸送リーダー:2014年9月号)
徹底的な現場改革で業績をV字回復させると共に、関東一円を網羅した共同配送システムの構築で急成長を遂げた同社。型にはまらない発想と行動力でさらなる事業拡大を目指す髙野社長にお話を伺った。

大虎運輸株式会社
大虎運輸株式会社 (輸送リーダー:2014年7月号)
設立から50年余、いまでは全国各地域に6社のグループ会社を有し、車両・従業員ともに800人超へと成長を遂げた同社。設立からこれまでの沿革や経営における考え方、そして現在注力している取り組みについて詳しく伺った。

佐川急便株式会社
佐川急便株式会社 (輸送リーダー:2014年5月号)
"BtoBの再強化"や"グループシナジーの強化"を掲げ事業を推進中の同社。緊急納品や海外調達〜国内配送のワンストップ物流など、グローバル化や効率化といった、いま多くの企業が抱える課題のソリューションを訴求している。

SGホールディングス株式会社
SGホールディングス株式会社 (輸送リーダー:2014年5月号)
佐川急便を始めとする"SGホールディングスグループ"各社の経営戦略策定・管理を行っている同社。2007年に策定された10年先を見据えた経営計画は現在"サードステージプラン"を迎え、ビジョンの実現に向かっている。

株式会社 名孝高速
株式会社 名孝高速 (輸送リーダー:2014年3月号)
名古屋を本拠地に、関東〜九州と広域で冷凍冷蔵輸送を展開している同社。荷主企業と二人三脚で歩んできた歴史は、配送のみに留まらず、ルートセールスの役割も担うなど高品質輸送を実現している。

日本大学×五光物流株式会社
日本大学×五光物流株式会社 (輸送リーダー:2014年3月号)
日本大学の"知"を社会へと還元すべく始動した「N.(エヌドット)国際救助隊」。その象徴となるトラックの運行を、茨城県の五光物流株式会社が手掛けている。本プロジェクト発足の経緯や目的についてお話を伺った。

常磐運輸株式会社
常磐運輸株式会社 (輸送リーダー:2014年1月号)
京阪神地域への農産物輸送から地場産業の小口配送まで、幅広く輸送事業を展開する同社。単なる働く場所に留まらず「自己研鑽の場」として活力に満ち、地域活性化の起爆剤となる可能性を秘めている。

全日本空輸株式会社
全日本空輸株式会社 (輸送リーダー:2014年1月号)
230機の航空機を保有・運航し、旅行に、ビジネスに、広く親しまれている同社。2012年度には「エアライン・スターランキング」において国内初の"5スター"を獲得。その秘訣とともに、いすゞ車の活用について伺った。

南日本運輸倉庫株式会社
南日本運輸倉庫株式会社 (輸送リーダー:2013年11月号)
埼玉県に大型物流センターを構え、東京圏の食品物流を支える同社。物流センターを使った在庫管理〜配送、共同配送によるコスト低減など、複雑なコスト管理を行なうことで高い付加価値を実現。

釧根開発運輸株式会
釧根開発運輸株式会社 (輸送リーダー:2013年9月号)
北海道の中標津町を拠点に、11社からなる企業グループを形成する同社。グループの中核であり土木工事を主体とする釧根開発の輸送を支え、現在では農業関連輸送まで幅広く手掛ける。

大和トランスポート株式会社/イルカ交通株式会社
安房運輸株式会社 (輸送リーダー:2013年9月号)
房総半島を拠点とした輸送企業として、地域有数の規模を誇るまでに成長を遂げた同社。創業から70年、業務提携や多角的な経営でグループ総売上100億円、車両合計500台超へと成長。