MIMAMORIケーススタディー


省燃費運転は安全運転ドライバーの自主性を促す

呉営業所 課長代理 麥井 秀一 氏
 「MIMAMORI」の導入効果として、大幅な燃費改善が認められたという同社。ドライバーのモチベーションが向上したと語るのは呉営業所、課長代理の麥井秀一氏である。
「こうしたドライバーの取り組みに会社も感謝し、当社の大型車両にはアイクール(バッテリー式クーラー)及びベバストヒーターが装備されるようになりました。長距離運行のドライバーは大変 喜んでいますよ。また、省燃費運転が定着した結果、速度超過や無理な運転がなくなり、事故も減少傾向にありますね。ドライバーが努力すれば会社がそれに報いるという、まさに相乗効果が生まれています」
 「MIMAMORI」がもたらしたという同社の省燃費・安全運転への取り組み。今後もドライバーの自主性を尊重し、省燃費・安全運転を継続させていきたいという。

運行データを活用し、ドライバー主体で省燃費・安全運転に取り組む

MIMAMORI搭載車両の運用方法
導入時期 2007年3月
運行経路 全国
乗務状況 固定


Back   3/3