エルフコレクション

エルフコレクション 架装が武器になる。
多機能型消防車
(ELFCLUB:2008年8月号)
幅広い災害活動に応える消防団の新兵器。
多機能型消防車 株式会社 モリタ
(写真右から)
技術部 一般車設計二課

山下 誠
Makoto Yamashita
技術部 一般車設計一課 担当課長
山根 伸
Shin Yamane
ポンプ営業統括部 業務課 課長代理
岸川 隆士
Takashi Kishikawa


昨今、世界各地で異常気象や大震災による自然災害が後を絶たない。
現場での救助活動は一刻を争うことは言うまでもなく、人海戦術が展開される。
救助活動では専門の救助スタッフだけでなく、 市民で構成された地元の消防団の活躍にも大きな期待が寄せられている。
しかし、消防団には幅広い災害活動に応えられる装備は万全とはいえない。
消防団が所有する消防車も消火活動だけでなく、 自然災害による救助活動にも対応できるよう機能の多様化が迫られていた。
そこで、100年以上の歴史があり、消防車両のトップメーカーである(株)モリタでは、 地元の消防団にとって使いやすい多機能型消防車の架装に着手した。


  1/3   Next