メンテナンス・スケッチ

Maintenance Sketch メンテナンス・スケッチ 知ってトクするクルマのツボ !
(ELFCLUB:2009年2月号)
目で見て確認! 消耗部品・油脂類の劣化について
消耗部品や油脂類の定期的な交換を行わないと、予期しない故障などのトラブルの原因となります。
適切な時期に交換を行うことによって、メンテナンスコストは最大限抑えることができます。
日常点検を心がけ、劣化した状態(写真参照)のまま放置をせずに早めに新品と交換しましょう!

エンジンオイル
→
新品 劣化したまま使い続けると、エンジンの摩耗を進行させ、エンジンの破損につながります。 劣化

オイルフィルター
→
新品 ろ紙の目詰まりが進むと、エンジン内部の摩耗を早めエンジンの出力低下や燃費が悪化します。 劣化

ワイパーゴム
→
新品 消耗及び劣化が進むと、拭き残りが発生し、視界が確保できなくなります。 劣化

トランスミッションオイル
→
新品 劣化したまま使い続けると、ギヤや各軸受け、オイルシールの摩耗が進行し、トランスミッションの焼き付きにつながります。 劣化

※年式やモデルにより、交換時期の目安は異なります。
お乗りのお車の交換時期については取り扱い説明書をご確認ください。