メンテナンス・スケッチ

(ELFCLUB:2006年8月号)
MAINTENANCE SKETCH メンテナンス・スケッチ
出発前に、ランプ類の点検も忘れずに! 知ってトクするクルマのツボ !
ヘッドランプ、方向指示器、ブレーキランプ・・・。
ひとつでも切れていたら、大きな事故にもつながりかねません。
定期的にランプ類の点検をする習慣をつけましょう !

日常点検のチェックポイント
【チェック1】

フロント側の点検
スタータースイッチを"ON"の位置で、
(1) 前照灯(ヘッドランプ)
(2) 方向指示器(ターンシグナルランプ)
(3) その他のランプ類
【車幅灯/側方照射灯(クリアランスランプ/コーナリングランプ)、前部霧灯(フォグランプ)】
の点灯、点滅を点検しましょう。
【チェック2】

リヤ側の点検
(1) ブレーキペダルを踏み、制動灯(ストップランプ)が点灯すること。
(2) チェンジレバーを"R(後退)"に入れて、後退灯(バックアップランプ)が点灯すること。
(3) その他のランプ類
【方向指示器(ターンシグナルランプ)、番号灯】
が点灯することを点検しましょう。

ワンポイントアドバイス 各ランプ類に変色や損傷がないか、確実に取り付けられているかも点検してください。さらに、レンズ類にひび割れなどの損傷がないかも確認しましょう。


バルブ(電球)の交換
バルブが切れたときは、指定容量(W)のバルブを取り付けます。取り付けの際は、ネジを締めすぎないようにご注意ください。

ワンポイントアドバイス
指定容量以外のバルブに交換しないでください。特に方向指示器の場合、異常点滅になります。
ディスチャージヘッドランプのバルブ(電球)の交換は、最寄りのいすゞサービス工場にご連絡ください。