メンテナンス・スケッチ

(ELFCLUB:2004年11月号)
MAINTENANCE SKETCH メンテナンス・スケッチ
忘れていませんか?給脂は定期的に、そして部位に最適なグリースを! 知ってトクするクルマのツボ!
給脂を行う際、気をつけていただきたいのは部位によってグリースの種類が異なること。
特に、ベアリンググリース(ベスコグリースL-2またはベスコASグリースL-2)を使用する部位については、間違いないように要注意!焼き付きや破損の原因となります。
なお、ベスコシャシグリースを使用する箇所にベアリンググリース(ベスコグリースL-2またはベスコASグリースL-2)を使用しても問題ありません。

給脂はすみずみまで忘れずに

ここはこんなグリースを
●アッパーリンクブッシュ(インデペ車)
ベスコワンルーパーMOグリース
●キングピンブッシュ(リジット車)
ベスコグリースL-2 ベスコASグリースL-2
●プロペラシャフトスプライン、ユニバーサルジョイント
※リジット4WD車/NHSのフロントプロペラシャフトも同様です。
ベスコグリースL-2 ベスコASグリースL-2
●フロントプロペラシャフト/ダブルカルダンジョイント
[リジット4WD車のみ] ※3箇所すべてに給脂してください。
ベスコグリースL-2 ベスコASグリースL-2
●プロペラシャフトセンターベアリング
ベスコグリースL-2 ベスコASグリースL-2
●リヤースプリングピン
ベスコシャシグリース
●リヤースプリングピン、シャックルピン
ベスコシャシグリース
 

注意 定期的な給脂を怠ると、グリース切れを起こし、焼き付きに至ることがあります。
新品→劣化