メンテナンス・スケッチ

メンテナンス・スケッチ 知ってトクするクルマのツボ!
平成15年10月1日から埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県でディーゼル車の排出ガス規制(条例)が開始されます。

(ELFCLUB:2003年7月号)

PM(粒子状物質)排出基準を満たさないディーゼル車は運行が禁止されます。
規制開始 平成15年10月1日から
対象地域 埼玉県、千葉県、東京都内全域、神奈川県(東京都は、島部を除く)
規制基準 PM排出基準0.25g/kW・h
(埼玉県、東京都は平成18年4月1日から0.18g/kW・hに規制が強化されます)
罰則等 50万円以下の罰金(神奈川県では平成16年4月から)
※初度登録年月から7年間規制適用の猶予期間があります。


いすゞPMキャタコンバータ(PM減少装置)の装着で基準適合となり運行が可能に!
いすゞPMキャタコンバータは、PMに含まれるHC(炭化水素)を主とした未燃焼物質を、酸化触媒の作用で、CO2(二酸化炭素)とH2O(水)に変換し、排出ガス中のPMを削減する装置です。平成15年10月開始の1都3県のディーゼル車規制への適合はもちろん、平成18年4月1日の規制強化時(東京都、埼玉県)にも適合しています。
※いすゞPMキャタコンバータが装着可能な車両は、型式の識別記号がKC-以降のいすゞ車に限ります。また、車種により装着できない場合があります。


いすゞPMキャタコンバータの装着について
いすゞPMキャタコンバータの装着が必要な車両や装着時期は、初度登録年月や形式の識別記号によって異なります。

いすゞPMキャタコンバータの装着について

自動車NOx・PM法の対策地域でKC‐/KG‐(型式の識別記号)車両を保有するお客様へ

イラスト
自動車NOx・PM法の猶予期間内であっても、1都3県のディーゼル車規制は、初度登録年月から7年間の猶予期間を超えて1都3県の条例地域内の運行が出来なくなります。いすゞPMキャタコンバータを装着すれば、自動車NOx・PM法の猶予期間内は、1都3県の条例地域内の運行が可能となります。
※自動車NOx・PM法による使用可能期間は、初度登録年月や車検満了日によって異なります。装着については、いすゞ販売会社へご相談下さい。

1都3県の各条例の猶予期間と自動車NOx・PM法の猶予期間