トップ機能紹介ECO > 改正省エネ法で必要なデータを取り出したい

機能紹介 Function Information

月間集計表

改正省エネ法で必要なデータを取り出したい

メリット1 提出書類にそのまま使えます

事業所ごとに運行データを月単位で集計します。
集計方法は車両別、乗務員別からお選びいただけます。
改正省エネ法の提出書類に必要な「輸送トンキロ」「エネルギー消費量(MJ)」のデータは自動計算される為データ作成業務は大幅に軽減されます。

※輸送トンキロ表示には車両ごとにトンキロ設定の必要があります

運転日報 月間集計表
月間集計表イメージ

レポートを拡大する

改正省エネ法で必要なデータを取り出せます。
環境負荷レポート

荷主様が、あらかじめ自社輸送に関連する事業者の車両を登録することで、月締めで複数事業者の関連車両のデータを一括して抽出する事も可能です。

※1 輸送トンキロの表示には事前に車両ごとにトンキロ設定の必要があります。※2 いすゞIT対応車両以外では、運転日報の給油量を元にエネルギー消費量を算出する為入力がない場合この部分の表示はされません。

複数荷主様の荷を混載している場合でも、あらかじめ数値設定しておけば自動計算してデータ振り分けを実施します。

自動計算振り分けイメージ

メリット2 データ収集が容易

運行データは、車両から通信で送信され、専用のサーバに蓄積されます。
メモリカードを使用しない為、車両が帰庫しなくてもデータ収集が可能、更に複数車両のデータ集約が容易にできるなど、みまもりくんのセンター型システムで効率的な運行管理が実現します。

データ収集イメージ