運転テクニック編
エンジンブレーキの活用 運転テクニック編

燃費を向上させる運転はアクセルペダルの踏み方が全てだと思われがちですが、アクセルペダルの離し方でも大きく変わります。
究極の省燃費運転は燃料を使わずに走ることです。もちろん、発進・加速ならびに通常の走行時には不可能ですが、降坂時や減速時には可能になります。なぜならディーゼルエンジンはアクセルペダルから足を離すと燃料が無噴射状態になるからです。したがって燃料無噴射状態を多用することで究極の省燃費運転につながるのです。長い下り坂はもちろん、いずれにしろ止まるような赤信号や一時停止なども、早めに足を離し、エンジンブレーキを活用することで燃料消費量が大幅に低減できます。

ポイント
(1) 赤信号の減速・停止時は早めにアクセルペダルを離し、車の転がりを利用する
(2) 降坂時は坂の勾配や積載量に合わせ、排気ブレーキ等を有効活用する

アクセルペダルをはなすタイミングちがいの燃料消費量

アクセルペダルをはなすタイミングちがいの燃料消費量

大型車
アクセル+
やや強めの
制動
アクセル+
一般的な
制動
エンジン
ブレーキ
有効活用
消費量(cc) 39.2 27.4 1.1
燃費(km/L) 10.20 14.60 363.64
燃費差(%) 基準 43 3633
中型車
アクセル+
やや強めの
制動
アクセル+
一般的な
制動
エンジン
ブレーキ
有効活用
消費量(cc) 27.8 21.0 0.9
燃費(km/L) 10.79 14.29 333.33
燃費差(%) 基準 33 2989

小型車
アクセル+
やや強めの
制動
アクセル+
一般的な
制動
エンジン
ブレーキ
有効活用
消費量(cc) 24.1 18.1 0.8
燃費(km/L) 12.45 16.57 375.00
燃費差(%) 基準 33 2913

※大型車は400m、中型車・小型車は300mかけて停止するのに、上記の条件で行なった実験値です。
※上記数値は気象条件等により実際の数値と異なる場合があります。


Back   8/13   Next