海老名市の小学校で「DeuSEL® プロジェクト」出張授業を実施

2018年2月

2月23日、神奈川県海老名市立東柏ヶ谷小学校の5年生3クラス(88名)を対象に、「DeuSEL® プロジェクト」の出張授業を実施しました。

プロジェクトのパートナーである株式会社ユーグレナとの共同講義では、ミドリムシは二酸化炭素を吸収して育つため、地球温暖化の原因になる温室効果ガスを増やさずに、バスやトラックが走れる燃料になることを分かりやすく説明しました。

実際に生きたミドリムシの動き(すじりもじり運動)を顕微鏡で観察し、ミドリムシ燃料で走るDeuSELバスに乗車する体験を通じて、子供たちは楽しみながら、未来の燃料や地球環境問題について考える機会となりました。

  • DeuSELバス乗車体験
  • ミドリムシの動き(すじりもじり運動)を観察
ページトップへ戻る