コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスの基本的な考え方

いすゞが企業活動を通じて継続的に収益を上げ、企業価値を高めていくためには、その活動を律する枠組みであるコーポレート・ガバナンス(企業統治)の体制の整備は不可欠であると考えています。
いすゞは、いすゞを取り巻くあらゆるステークホルダーの立場を尊重し、円滑な関係を構築していくことが、コーポレート・ガバナンスの基本的な目的であると考え、そのために重要情報の適時適切な開示を通して、企業内容の公正性・透明性確保に努めています。

コーポレート・ガバナンス体制

いすゞは、会社の機関として取締役会ならびに監査役会を設置しており、主要な業務執行の決議、監督ならびに監査を行っています。
経営の意思決定と業務執行を迅速に行うため、取締役会の決議に基づき会社経営の重要事項を審議・決定する経営会議を設置しています。経営会議は原則隔週1回の頻度で開催すると共に、業務執行の状況は、毎月開催される取締役会において報告されています。更に、経営会議の下部組織として、各委員会を設置し、それぞれの専門分野における審議を効率的に行う体制をとっています。

また、いすゞは、取締役の業務執行を適切にサポートする体制として執行役員制度を継続採用しています。監査役は、取締役会の他、重要な会議に出席する他、取締役等から職務の執行状況の報告を聴取し、重要な決裁書類等を閲覧し、本社及び主要な事業所において業務及び財産の状況を調査し、必要に応じて子会社に対して報告を求め、監査を行っています。

コーポレート・ガバナンス体制の概略

社外役員について

社外取締役は2名(非常勤)、社外監査役は3名(うち1名常勤)を選任しています。
この社外役員と会社の人的関係、取引関係その他利害関係について、特に記載すべき事項はありません。
また、資本的関係についても、一部の役員が当社株式を保有していますが、特に記載すべき重要性は認められません。

役員の報酬等について

いすゞの取締役の報酬については、株主総会で承認された範囲内で、取締役会で他社水準や当社の業績等を考慮しながら決定しています。各取締役の報酬額は、役位、会社及び各人の業績を反映する金額としています。

また、監査役の報酬については、株主総会で承認された範囲内で、監査役の協議により他社水準や会社の業績等を考慮しながら決定しています。

ページトップへ戻る