• 体長0.05ミリ、植物と動物両方の性質を持つミドリムシ(学名:ユーグレナ)からつくったバイオ・ディーゼル=DueSELでバスを走らせるという、いすゞ自動車とユーグレナ社の実証実験。それがDeuSELプロジェクトです。いすゞ自動車は毎日たくさんの輸送車両を生産・販売する会社として、より環境負荷の少ない物流社会を築いていくために。ユーグレナ社は、世界で唯一のミドリムシ屋外大量生産する会社として、ミドリムシを活用したバイオ・ディーゼルの実用化を加速させるために。このプロジェクトから、地球にやさしい炭素循環型の未来を目指します。
リサイクル料金の概要

リサイクル料金
自動車メーカー・輸入業者が行うシュレッダーダスト・エアバッグ類・フロン類のリサイクルに必要な費用は、リサイクル料金として自動車の所有者の皆様に負担していただき、資金管理法人(※1)が管理を行います。リサイクル料金は、自動車メーカー・輸入業者が設定・公表します。

※1
自動車リサイクル法では、新たな制度の根幹となる公的な業務を行う指定法人を国が指定することになっており、現在(財)自動車リサイクル促進センター(資金管理法人・指定再資源化機関・情報管理センター)が指定されています

お客様にお支払い頂くリサイクル料金について
事業者の方の関連情報

リサイクル料金の支払い方法について
リサイクル料金の預託は、原則として前払い方式が採用されました。これは、自動車が不法投棄された場合の環境負荷の大きさや収受コスト、負担感等を考慮したものです。
(1) 新車購入時預託
新車購入時に新車ディーラーを通じてリサイクル料金を資金管理法人へ預託していただきます。預託を受けた新車ディーラーは自動車メーカー・輸入業者を経由して資金管理法人へ預託します。
(2) 引取時預託
使用済自動車を引取業者に引渡す時に自治体に登録した引取業者を通じてリサイクル料金を資金管理法人へ預託していただきます。