自動車リサイクル法への取り組み

いすゞ自動車の取り組み

使用済み自動車の多くは、部品や材料の資源として以前より再利用されてきましたが、残りはシュレッダーダスト(略称:ASR※1)として主に埋め立て処分されてきました。
しかし近年、最終処分場の逼迫やエアバッグ類・フロン類への対応のため、新たな仕組みを構築することが必要になり、2005年1月から自動車リサイクル法(正式名称「使用済自動車の再資源化等に関する法律」)が施行されています。

いすゞ自動車では、いすゞグループの総力を結集し、リサイクル技術の向上に積極的に取り組んでいます。
シュレッダーダストのリサイクルに関しては、国内自動車メーカー等によるパートナーシップ「ART(呼称:エイ・アール・ティー)※2」を結成し、そのスケールメリットを活かして、リサイクル率の目標値達成、処理コストの低減、業務の効率化を推進しています。また、エアバッグ類・フロン類のリサイクルに関しては、国内自動車メーカー及び輸入業者と共同で一般社団法人自動車再資源化協力機構を設立し、適正処理を行なっています。

使用済み自動車の環境課題は、日本のみならず欧州においても大きな社会問題です。いすゞ自動車は、今後も各国で施行されるリサイクルに関する法規制に的確に対処し、環境関連産業や各種業界と協力して、幅広い活動をグローバルな視点で展開していきます。

※1
Automobile shredder residue(自動車シュレッダーダスト)の略。
※2
Automobile shredder residue Recycling promotion Teamの略。
いすゞ自動車、公益財団法人 自動車リサイクル促進センター、ジャガー・ランドローバー・ジャパン、スズキ、日産自動車、フォードジャパン、富士重工業、ボルボ・カー・ジャパン、マツダ、三菱自動車工業、三菱ふそうトラック・バス、メルセデス・ベンツ日本、UDトラックスの13法人で構成。

このコーナーでは、リサイクル料金等についてご紹介いたします。
リサイクル料金の概要
お客様にお支払い頂くリサイクル料金
事業者の方の関連情報
自動車リサイクル法に基づく再資源化等の実績

自動車のリサイクルについては「自動車リサイクルシステム」のホームページにも詳しく掲載されています。
下のリンクをクリックすると別ウインドウで各ページがご覧いただけます。
自動車リサイクルシステム トップページ
自動車リサイクルに関するよくあるご質問