• 体長0.05ミリ、植物と動物両方の性質を持つミドリムシ(学名:ユーグレナ)からつくったバイオ・ディーゼル=DueSELでバスを走らせるという、いすゞ自動車とユーグレナ社の実証実験。それがDeuSELプロジェクトです。いすゞ自動車は毎日たくさんの輸送車両を生産・販売する会社として、より環境負荷の少ない物流社会を築いていくために。ユーグレナ社は、世界で唯一のミドリムシ屋外大量生産する会社として、ミドリムシを活用したバイオ・ディーゼルの実用化を加速させるために。このプロジェクトから、地球にやさしい炭素循環型の未来を目指します。

コンプライアンス推進体制

印刷

  • 地域社会
  • 行政
  • 従業員
  • お取引先
  • 株主
  • お客様

具体的な取り組みを実践するための体制を整えると共に、社内のコンプライアンスに関する問題提起を受け付けるルートを社内と社外(ヘルプライン)に設置しています

コンプライアンス体制

コンプライアンス委員会

コンプライアンスの推進や体制整備について、客観的な助言・監督・評価を受けることを目的として、外部有識者4名、社長および役員3名で構成される「コンプライアンス委員会」を設置しています。