『古本で!「子供の森」計画サポートプロジェクト』に参加

2015年11月

従業員の「社会貢献に対する意識の啓発と底上げ」を図るため、いすゞは2015年11月より、『古本で!「子供の森」計画サポートプロジェクト』への参加を本社地区(東京都品川区)で開始しました。

古本で!「子供の森」計画サポートプロジェクト

「子供の森」計画とは、公益財団法人オイスカが推進する、子供達自身で学校や地域に木を植える・育てる活動を支援し、子供達の「緑を大切にする気持ち」や「自然を愛する心」を育むプログラムです。
このプロジェクトでは、寄付した本の買い取り額が「子供の森」計画への寄付金となります。

「子供の森」計画(公益財団法人オイスカ)

いすゞの取り組み

いすゞでは従業員から読まなくなった古本等を回収し、寄付金にして「子供の森」計画をサポートします。なお、他の事業所(藤沢・栃木地区)にも順次導入していく予定です。

本社地区に設置された回収ボックス
ページトップへ戻る