TFTプログラムの導入

2014年4月~

従業員が健康的な食生活を送りながら、気軽に社会貢献に参加できるよう、2014年4月よりいすゞ大森本社の従業員食堂および喫茶室でTABLE FOR TWO(TFT)プログラムを導入しました。

TFTプログラムの仕組み

従業員食堂の"ヘルシーメニュー"および喫茶室の"健康飲料"を対象に、利用した従業員が10円、いすゞが10円、合計20円の寄付金が開発途上国の子供たちの学校給食費になります。

※NPO法人「TABLE FOR TWO International」による、TFTプログラムの支援国:
①ウガンダ ②エチオピア ③ケニア ④タンザニア ⑤ルワンダ ⑥ミャンマー ⑦フィリピン

「社食で貢献しよう」

2014年度の取り組み

2014年度は約13,660食分の給食を届けることができました。
また、2014年10月には、国連が定める"世界食料デー"に合わせて、『ISUZU 2千人のいただきます!キャンペーン』を実施しました。

加えて、TFTプログラムの拡充を図るため、DeuSEL®プロジェクトのパートナーであるユーグレナ社の商品を使った健康飲料"ユーグレナラテ"を2015年2月より喫茶室で販売しています。

「ユーグレナラテ」

今後の取り組み

いすゞ藤沢、栃木両工場にもTFTプログラムの導入を行う予定です。

ページトップへ戻る