洪水発生時にお客様の車両を守るための取り組み

2014年7月~

国内販売会社といすゞ自動車販売株式会社、いすゞが連携し、洪水発生時のお客様の安全確保と車両の被害拡大回避のための新たな取り組みを、2014年7月から開始しました。

背景

水没被害を受けた車両に対して、これまでの東日本大震災等で培った経験を生かし、点検修理支援活動に取り組んできました。
近年、国内各地でゲリラ豪雨や大型台風等による被害が頻発していることを受け、洪水発生時の対応をいすゞグループで強化することとしました。

取り組み内容

洪水発生時の初動対応等を定めたマニュアルを作成し、販売会社が迅速かつ的確に、水没した車両の処置方法をお客様にお伝えできるようにしました。
また、販売会社をサポートするために各種情報を基に洪水警報、河川氾濫等の災害情報を発信して注意を喚起する体制も整えました。

狙い

この取り組みを通じて、販売会社が災害発生時のお客様の安全確保と車両火災やエンジン損傷等の車両被害拡大防止のための活動を確実に行い、お客様のニーズにお応えしていくことを目指しています。

ページトップへ戻る