次世代バイオディーゼル燃料の実用化を目指すDeuSEL®プロジェクト

2014年6月~

いすゞは2014年6月に環境負荷低減と新たな代替燃料開発への取り組みとして、株式会社ユーグレナ(以下ユーグレナ社)と共同で『DeuSEL®(デューゼル)プロジェクト』を開始しました。

含有率100%でも車両のエンジンに負担をかけることなく使用することができる、微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)を原料とする次世代バイオディーゼル燃料の実用化を目指しています。

DeuSEL®バス

DeuSEL®とは

ユーグレナ社が開発した世界初の微細藻類ユーグレナから作られたバイオディーゼル燃料。ユーグレナの成長時に光合成によりCO2を吸収することで、車両使用時に排出される温室効果ガスがオフセットされ、従来の化石燃料に比べCO2の排出量を削減することができます。

"DeuSEL®"は、DIESEL(ディーゼル)とeuglena(ユーグレナ)を組み合わせた造語で、いすゞとユーグレナ社の共同で取得した商標です。

2014年度の活動等(DeuSEL®認知度の向上)

  • 主な出展実績
    • ・ 横浜カーフリーデー (2014年9月23日)
    • ・ 東京モーターフェス (2014年10月11日~13日)
    • ・ ふじさわ環境フェア (2014年12月13日)
    • ・ 首都高中央環状線全線開通関連式典 (2015年3月1日、7日)
  • 主な講演会等実績
    • ・ 藤沢市生活環境連絡協議会 市民大会 (2014年10月22日)
    • ・ 愛知県岡崎市立甲山中学校 出張授業 (2015年1月22日)
  • 受賞実績
    • ・ EST交通環境大賞 環境大臣賞(藤沢市等と共同受賞) (2015年2月26日)
横浜カーフリーデーの様子
愛知県岡崎市立甲山中学校で行われた出張授業。大きな関心が寄せられました。

今後の取り組み

DeuSEL®プロジェクトは、環境保全およびエネルギー安全保障の2つの社会的ニーズに応えるために積極的に取り組んでいます。
今後、ユーグレナ社のバイオ燃料の実証実験にいすゞの技術とノウハウを提供し、その実用化を加速させていきます。

ページトップへ戻る