「いすゞ夏祭り2016」開催

2016年8月

2016年8月、いすゞ藤沢・栃木両工場で夏祭りが開催されました。
この夏祭りは、「従業員及び家族に対するねぎらい」と「行政、周辺地域の皆様に対する日頃のご協力へのお礼」という趣旨の下に開催されています。

来場者は藤沢工場で約23,000名、栃木工場では約7,000名に達し、近隣住民の方々に楽しんでいただきました。

藤沢工場

藤沢工場では、五十鈴万燈神輿やDeuSELバスの展示など趣向を凝らした催しで夏祭りを盛り上げ、最後の花火まで大いににぎわいました。

  • 勇壮な五十鈴万燈神輿
  • 近隣住民の方々にDeuSELバスも大人気
  • 子供たちは特設会場のミニSLやエアー滑り台などで楽しんでいました
  • たくさんの方々に来場いただき、夕刻まで大いに盛り上がりました

東北や熊本の特産品販売で被災地支援

被災地支援のため、会場内に東北や熊本の特産品の販売特設ブースを設けました。

  • 東北支援ブース(左)と熊本支援ブース(右)、多くの方々が関心を持ち、支援のご協力をいただきました。

栃木工場

栃木工場では、「地域愛、家族愛 こころ一つに、地域、家族、従業員のみなさまへ『ありがとう』の気持ちを込めて」をテーマに、地域の方々や従業員とその家族に感謝の気持ちを体感していただけるよう、様々な企画で楽しんでいただきました。

  • 鼓舞技会の皆さんによる和太鼓(上段左)、国学院大學栃木高等学校応援部によるチアリーディング(上段右)、そば作り体験(下段左)、動物戦隊ジュウオウジャーショー(下段右)など盛りだくさんの企画で楽しんでいただきました。
  • いすゞ従業員もそれぞれの職場ごとにご家族と一緒に盛り上がりました。
  • 地域の保育園児49名を招待し、はたらく車の見学会を行いました。園児たちは普段は乗ることのない消防車や大型トラックの運転席に座って大喜びでした。
ページトップへ戻る