小学校で環境教育を実施

2016年2月

北海道恵庭市立和光小学校より「児童の描いた“地球にやさしいクルマ、安全なクルマ”の絵にいすゞのコメントをもらえないか」との依頼を受け、2月26日に学校を訪問して環境教育の出前授業を行いました。

当日は、5年生4クラス約150名が参加し、児童たちが描いた絵に対するコメントを発表した他、「いすゞ自動車の環境への取り組み」の紹介と㈱ワーカム北海道(北海道勇払郡むかわ町)からハイブリッドバスを持ち込み、実際に乗ってもらいました。

児童たちは、普段見慣れないハイブリッドバスやミドリムシで走る未来のDeuSEL®トラックのデザイン画に興味津々で、自分たちの絵に添えられたコメントにもとても喜んでくれました。

トラックのデザイナーによる児童たちの絵の講評
児童たちのいろいろなアイデアに対して、一枚一枚プロの目から見たコメントを付けて返却しました
降りしきる雪のなか、ハイブリッドバスの説明や実車体験に大興奮
一番人気は「未来のDeuSEL ®トラック」でした
ページトップへ戻る