安全技術

商用車の特性を徹底分析し、様々な角度から安全性を追求。



車としての基本的な安全性をきめ細かく熟成すると共に、商用車特有の課題に独自の技術で対応。
安全性をより高い次元で実現し、世界に選ばれるISUZUを目指しています。

より高いレベルのアクティブ&パッシブセーフティを実現。
商用車の稼働時間、走行距離は乗用車とは大きく異なり、トラックは物流を止めないよう天候等の条件が良くない場合でも荷物を届けるために走る責務があります。しかも万一事故を起こせば、その質量の大きさから大きな被害を発生させる可能性を否定できません。このため事故を起こさない高度な予防安全が求められます。いすゞはドライバーの疲労軽減を重視し、視界の良さ、運転のしやすさなど基本的な安全性を向上させると共に、大型トラック・ギガにミリ波レーダーを活用した先進視覚サポート技術「VAT」を搭載。また、「MIMAMORI」(顧客支援参照)に急加速・急減速や速度超過、長時間運転などをリアルタイムに警告する音声アドバイスを採用するなど、より高度なアクティブセーフティを提案しています。またエルフ・フォワードの開発においてはデジタル解析を導入して軽量化を行いながらキャブやフレームの剛性アップを達成し、パッシブセーフティをさらに向上させるとともに、電子施錠システム「イモビライザー」をクラス初で標準装備しました。大切な荷物を運ぶトラックのセキュリティも、いすゞの考える安全の視点です。

安全性向上に貢献するシステムを率先して実用化。
いすゞは、今ではトラックの安全性向上のスタンダード機能となっている、補助制動装置「リターダ」や坂路発信補助装置「HSA(ヒル・スタート・エイド」などを率先して実用化してきました。また、いすゞがトラックに日本で初めて採用した「4バッグエアサスペンション」は、輸送企業に多彩なコストメリットを提供すると共に、乗務員の疲労軽減や走行安定性の向上にも貢献。そして、マニュアルトランスミッションを基本に、クラッチ操作やシフト操作を自動化した「スムーサー」は、省燃費運転・安全運転の高度化をサポートすると共に、ライフサイクルコストの低減を実現し、輸送企業の経営効率化に大きく貢献しています。


デジタル解析 衝突実験

走行試験

先進視覚サポート技術「VAT」(View Assist Technology)
ミリ波レーダーで車間距離を監視する「ミリ波ウォーニング」「ミリ波クルーズ」、運転中のステアリングのふらつきを警告する「運転集中度モニター」により、ドライバーの認知・判断・操作をトータルにサポート。危険を予測し事故を未然に防ぐという、アクティブセーフティの概念をさらに進化させたシステムです。
VAT
「VAT(バット)」とはASV(先進安全自動車)のキー技術であるミリ波レーダーなどの先進テクノロジーを駆使することによって、ドライバーの視覚を補完し、より高度な安全運行をサポートするシステムです。